レディ

病院の業務を効率化したいなら電子カルテを取り入れよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

医療もペーパーレスの時代

相談

情報共有や過誤防止に貢献

ビジネスの世界においては各種の記録を文書ではなくデジタルデータの形で保存する、いわゆるペーパーレス化が進行していますが、医療機関でも傾向は明らかです。その顕著な例が電子カルテです。電子カルテは、これまで紙に記載してきた患者の診療記録を、パソコン等の端末から入力することで記録・保管できるシステムです。電子カルテを導入すると、これまで文書庫などに保管してきた紙のカルテを、そっくり電子情報に置き換えることができるようになります。スペースの節約になるばかりでなく、劣化することなしに長期間保存できるようになります。また、紙のカルテはコピーを取ることはできるものの、基本的に原本は1つです。しかし電子カルテの場合、そもそも原本や写しといった概念が存在しません。システムに接続された端末を使えば、同時にあるいは随時に複数の人間がまったく同一の記録を参照することが可能です。そのため、たとえば大規模病院において1人の患者が内科から外科や泌尿器科などに転科する場合、あるいは診療室から検査室へと移動する場合などにおいても、診療情報の共有がこれまで以上にスムーズに行えるようになります。さらに、電子カルテは医療過誤の防止システムとしても活用できます。多くの電子カルテは、単にデータを記録するだけでなく、その内容を検証する機能を備えています。そのため、病名と治療内容に不整合があったり、投薬の量が不適切であったりすれば入力時に警告を発してくれます。

宅配事業を広くサポート

握手

飲食店を開業してから新しい展開として宅配を始めようというときにサポートをしてもらえるのが宅配コンサルタントです。メニューの開発や配達手段、配達のためのシステムの提案などを広く行ってくれるのが特徴のサービスです。

飲食店に最適な食器選び

会議

業務用食器は飲食店で扱われている食器を言い、大量に購入する場合は専門の通販が便利です。飲食店にふさわしい食器がジャンルごとにまとめられており、食器類の他にもワインやバー用品なども購入することができます。これを利用していけば、お気に入りの食器が気軽に選べるため、満足のいく買い物ができます。

人気の中国製を扱う

オフィス

独立起業に向いた新たなビジネスとして、中国輸入代行が話題になっています。中国で作られた製品などを日本国内の消費者へ届けるこのビジネスは、人気の高い商品を扱えるため利益を上げやすいという特徴があります。在庫リスクが少ないなど、自由度が高い点も利点と言えます。